臨時休校について 4月8日

令和2年4月7日、新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため、兵庫県に対し、国から法に基づく緊急事態宣言が発令されました。

 そして、国の緊急事態宣言受け、兵庫県は高校等の全ての県立学校を令和2年4月9日(木)から5月6日(水)までの間、臨時休校とするとともに、県より、市立の小・中・特別支援学校等についても同様に休校するようにとの要請がありました。

この度の国の宣言及び県の要請は、法に基づくものであることを鑑み、小野市におきましては、原則、市内のすべての学校を4月9日(木)から5月6日(水)までの間、臨時休校といたします。

なお、休校中の児童生徒の学習状況の把握や健康観察等を目的に、週に1日、登校日を設けます。登校日は、4月9日(木)・4月16日(木)・4月23日(木)・5月1日(金)の4日間で、通常通り集団登校し、午前11:30に一斉下校します。(臨時バス11:40)臨時休業中の登校日(上記4日間)は、「児童受け入れ」及び「給食」はありません。放課後児童クラブの児童は、弁当を持参し学童クラブに参加できます。

上記4日以外については、児童は自宅待機を原則としますが、仕事の都合などで、どうしても自宅で安全に自宅待機させることが困難な児童生徒については、学校で受け入れます。

詳しくは以下をご覧ください。

 

新型コロナウイルス感染症にかかる学校の対応について

 

臨時休校期間中の児童受け入れについて